ホッチキスを変えてみた

いつも使う文房具をふと望ましい物に入れ替えるだけで大いに内面が変わるものですね。

先日、ホッチキスをドイツの一番メソッドを通じて作られた(?)という物に転じました。

お値段誠に2000円!

小気味よい力でかなりの件数を凍るのが肝だそう。

ほとんど大量に甘んじるような操作はしないので現にどうなのかは分かりませんが、ラフファッション取り扱う時にも軽々しい力でどしどし止まるのでこれが極めて穏やか。

わずか幅広いのがウイークポイントですけどドイツらしき配色も愛する。

100円共通も手に入っちゃう一品こそ、こうやって少々とらわれるといったライフサイクルが楽しくなるのかもしれませんね。

Comments are closed.

Categories
Bookmarks